授業の情報・時間割はクラウドで管理

オンライン授業で、学生の皆さんから時々いただくクレームに、

 授業の受け方がわかりにくい!

というものがあります。

しかし、それぞれの授業の受け方はだいたい一定していて、コロコロと変わるわけではありませんよね。おそらく授業ごとに、アクセスの方法やレポートなどの課題の提出方法が違うので混乱しているのではないかと思います。

であるならば、

 授業ごとのアクセス方法・課題提出方法を
 一括して閲覧できるようにしてしまえばいい!

のではないでしょうか。

しかし、スマホの時間割アプリでは、パソコンからアクセスできない!という問題もあると思います。
それなら、

 PCからもスマホからもアクセスできるクラウドサービスに登録

することで、いつでもどこでも時間割をチェック&修正できます。

というわけで、パパッと作ったサンプルで恐縮ですが、たとえば、Google Keepを使うと、次のように授業の時間割やアクセス方法を簡単に管理できます。

こんな感じで、授業の曜日・時限・アクセス方法などを、曜日ごとに色分けして一括管理することができます。アクセス用のURLをクリックすれば、目的のアプリを起動させたり、サイトに飛んだりすることができます。

また、メモはドラッグで移動できます。あとはGoogle KeepへのショートカットをPCであればデスクトップに置くだけです。

Google Keepにはスマホのアプリもあります。PCと同じGoogleアカウントを設定すれば、PCのGoogle Keepと同期させることができるので、何か変更があっても、いつでも簡単に修正できます。

(スマホの画面:右上の四角いアイコンで、「グリッド表示」「リスト表示」を切り替えられます)

これだけで、授業アクセスのストレスが少しは減るのではないでしょうか。
ぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA